海外旅行の予防接種




日本は、医療の発達した国です。
マスメディアやインターネットも普及していますから、感染性の病気にも対応することができます。

しかし、海外となると、その医療事情は日本と異なることも多くあります。
日本と同じような感覚で、春、雪が溶けた頃に、軽い気持ちで海外旅行をすると、思わぬ落とし穴があることがあるのです。

海外では、日本に存在しない病気が流行していたりします。
また、気候や時差の変化もありますから、日本にいるより、感染する可能性が高い場合もあります。

けれど、心配は必要ありません。
なぜなら、予防接種があるからです。
主なワクチンは、渡航先や渡航期間、また渡航先での活動内容によって選択できます。

たとえば、次のようなものがあります。

A型肝炎
特に40歳以下の方。
渡航国に、中期〜長期(やく1カ月以上)滞在の方。

続きを読む

(C) 2009 旅行情報(日本,海外)